光触媒でインフルエンザウイルスに対抗する

a0002_010107インフルエンザウイルスは想像以上に恐ろしいダメージを身体に与えるもので、インフルエンザが原因で命を落としてしまう方というのは、日本でも年間に大勢おられます。
そんなインフルエンザウイルスに対抗するために、日頃からマスクを着用するといった対策をとっている方は、家庭内のカーテンを抗ウイルス仕様の製品に変えてみてください。
光触媒加工によってウイルスを不活性化する生地が人気を集めており、ただ日光を生地に浴びせておくだけで、光触媒加工が効果を発揮するという点が評価されています。
ネコカリシウイルスなどにも同時に対処可能な製品も多く、風邪だけでなく腹痛や吐き気も防ぎやすいという効果を求める方が増加中です。
特にウイルスに弱い子供がいる部屋だけでも、抗ウイルス仕様のカーテンを取り付けておきたいと考える親御さんも少なくありません。
今までは光触媒といえば、LED照明などの下では効果を発揮しにくいと言われていましたが、光触媒加工の技術発達によってLEDとも相性が良いものが増えています。
本当に自分の部屋は光触媒加工のカーテンと、相性が良いのだろうかと不安に感じていた方も、安心して購入する事ができると言えるでしょう。

差が出るインテリア

上へ戻る